タイルの知識About Tile

タイル施工法

手張り工法(内壁)

(1)改良積上げ張り
概要

最も古くから行われているタイル張りの基本的な工法で、俗にだんご張りともいわれる。タイルの張り付けは壁面の下部から上部へ、積上げていくように、一段ずつ行う。この工法は、内壁の壁タイル張りに適用され、白華が起きやすいことから外壁のタイル張りには適しません。

張り付けモルタル セメント 1
細骨材 2~3(粒度2.5㎜以下)
塗り厚 13~18㎜
ポイント

①下地は、モルタルを下こすりして金ぐし引き、またはくし目をたてたものとする。
②張り付けモルタルが充分タイルの裏面に充填されず、すき間ができた場合は、さしモルタル(さしトロ)を行う。
③1日の張り付け高さの限度は、原則として1.5mとする。

(2)内装圧着張り
概要

下地面に張り付け用モルタルを塗り、タイルユニットをたたき押さえして張り付ける工法。タイルは200㎜角以下とする。

下地モルタル 1:3 木ごて押さえ
張り付けモルタル セメント 1
細骨材 0.5~1(粒度1.2㎜以下)
混和剤 メチルセルロース
塗り厚 3~4㎜
ポイント

①先にしごき塗りをし、その後、コテ圧を充分かけて所定の厚さに塗り付ける。 

●しごきモルタルが乾燥しないうちに、張り付けモルタルを追いかけて塗り付ける。また、塗り厚は充分確保する。
●塗り厚不足は接着不良を起こし、剥離の原因となる。

②張り付けモルタルの軟らかいうちにタイル張りを行う。

●塗り置き時間が長くなると、接着力が急激に低下するので注意する。
●硬くなったモルタルは削り落とす。

③充分たたき押さえをする。

●コテの柄、タタキ板等で充分たたき押さえをし、モルタルをタイルになじませる。

(3)接着剤張り
概要

有機質接着剤を使って、ほぼ圧着張りと同様の工程でタイル張りする工法。モルタルを用いた圧着張りよりも適用できる下地の範囲が広く、モルタル下地はもとよりボード類まで採用できる。ボード類の下地には、この工法でのみタイル張りが可能となる。

接着剤改良圧着張り

接着剤張りと同じ要領ですが、タイル側にも接着剤を2~3㎜厚に塗るのが特長です。

ポイント

①下地は金ごて押さえモルタル仕上げまたはボード類とする。
②下地は十分に乾燥させる(とくにモルタル下地は2週間以上を置くのが原則)。
③接着剤は塗り厚を厚くし、くし目ゴテは充分立てて塗るようにする。
④タイルの張り付けは、壁面上部からタイルをもみ込むようにして押さえ付け、たたき板で充分たたき押さえする。付着状態が悪い場合は、接着剤をかき落とし、新しく接着剤を塗布してタイルを張り付ける。

その他の施工法

  • 手張り工法(外壁)
  • 手張り工法(内壁)
  • 手張り工法(床)
  • 先付け工法
 
Danto ダントー ページトップへ